縫製工程紹介

1)裁断

カーテンを仕立てるために必要な生地をcm単位で正確にカットします。
2倍ヒダで横巾100cmのカーテンを作るには、100cm巾の生地を2枚つないで縫製します。
そのための1巾分の生地をカットする工程です。

2)巾継

巾継専用のミシンで縫います。

3)アイロン

巾を継いだ部分にアイロンをあてて、きれいに整えます。

4)裾

カーテンの下部となる『裾』を生地を折り返して縫製します。

5)丈決め

カーテン全体の長さ(丈)を計測してカットします。

6)芯付・天伏

カーテンの上部となる『天』の部分に芯を取り付けます。

7)耳

カーテンの左右の端となる『耳』を縫います。
ドレープとレースはそれぞれの専用ミシンが有ります。

8)アイロンプレス

生地の種類により、手アイロンとプレス機を使い分けます。

9)ヒダ

カーテンの命ともいえる『ヒダ』をとります。かつては経験と勘にたよる職人技でしたが、当社では最新鋭のヒダとり専用ミシンを導入することで、きれいで安定した仕上がりとなります。

10)フック入

カーテンの上部のフックを差し込みます。取り付けるレールの形状によってAフック(天付け)・Bフック(正面付け)の区別があります。

11)検品・整反

カーテンの丈をはじめ、各縫い目等の検品をします。
仕上がったカーテンのプリーツをとりながら、丁寧にたたんでいきます。この工程までくると、皆様におなじみのカーテンの姿になります。

12)箱入・出荷

カーテンを一枚づつ丁寧に箱に入れます。お客様のもとにお送りするものなので、ビニールを内に入れた、綺麗な箱で出荷します。

| TOP |

インテリックス