株式会社インテリックス

NEWS

    広報より

    アフリカ・セネガル支援のための雑貨販売をスタート

    元JICA海外協力隊のメンバーが創設した西アフリカセネガルを支援する(一社)ボック・ジャンバールと連携し、弊社直営店である「ジャストカーテン」にて、セネガルの布雑貨の販売を開始しました。

    布雑貨販売の収益は、セネガルのマラリア予防・学校給食支援などに充てられます。弊社はこれまでも、タイ山岳姻族の雑貨販売などを通して国際支援に取り組んできました。

    (一社)ボック・ジャンバールの会長であるオンバダ香織さんは、2011年から2年間、青年海外協力隊員としてセネガルでボランティア活動に従事。帰国後、支援を続けながら日本にセネガルの魅力を伝えようと、2013年に「ボック・ジャンバール」を設立。現地の女性グループが民族衣装の布で作る雑貨の製作や販売を支援し、女性たちの収入向上につなげてきました。

    毎日新聞掲載記事(2020年1月30日)はこちら

    販売する雑貨は、布製のバッグやポーチ、ヘアバンドやシュシュなど。ジャストカーテン和歌山県庁前店、エコール和泉中央店、グランフロント大阪店、神戸垂水店、BiVi福岡店の5店舗で販売中。詳細は各店にお問い合わせください。

    ジャストカーテン 店舗問い合わせはこちらから